07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ムラっ気のあるブログです。

2010/09/05
お久しぶりでーす。

とーーーんっと、更新が滞っておりました。
ご無沙汰しております。リリオです。

最近、凝っているのは、手作り香水と、手作り石鹸です。

アロマテラピー暦5年になりますが、この2つは今年になってから始めました。

面白いっすね~(今更…)

とにかく暑いので(本州とは比べものになりませんが、北海道もいつもの年より暑いのですよ
水出しハーブティーばかり飲んでいました。

これも今年から始めたのですが、お湯出し(って言うのか?)よりもコチラの方が好きだったりして。

そんなこんなで、これらのこともブログに書いていきたいと思います



12:59 アロマテラピー | コメント(2) | トラックバック(0)

チンキの材料

2010/06/25
[photo]チンキ_トウキ[photo]チンキ_ソウハクヒ
[photo]チンキ_ユキノシタ[photo]チンキ_ミント

作ったチンキ。

以前、トウキ&ユキノシタ&ソウハクヒのチンキで生薬化粧水を作り使用したところ、肌がワントーン明るくなりまして。
夏を迎えるにあたり準備して置こうと思ったのですが、前回は3つ合わせてチンキを作った為、どの生薬のお陰かよくわからず。(3つともかもしれないけれど)

今回は別々に作って、検証してみようと思います。

ミントは、精油で化粧水を作ると、私の場合、肌がピリピリしてしまうので、もっぱらチンキのお世話になっています。
レモングラスも同じ理由でチンキを作っています。

ミントもレモングラスも、サッパリするので、これからの季節出番が多くなりますね
20:11 ハーブ | コメント(2) | トラックバック(0)

チンキ製造

2010/06/23
チンキ201006
今回は、トウキ、ユキノシタ、ソウハクヒ、ミントのチンキを仕込みました。
(瓶はエキナセアナ柄ですが、お気になさらずに・・・。)

【材料】
ウォッカ 100ml
生薬またはハーブ 10g

【作り方】
材料を瓶に入れて、2週間~1ヶ月(固いものは長めに)冷暗所で保管し、時々瓶を振って抽出します。
時期がきたら濾し、液体のみを瓶に入れて保存。


チンキは保存がきくし(1年)、植物の水溶性成分、油溶性成分どちらもGETできるし、化粧水にも、クリームにも、お風呂にも使えるし、ウォッカとハーブで作ったなら飲用もできるし、「ビバ!チンキ!」って叫びたくなるほど(お前だけだろ)使い勝手が良い代物です。

今までは、計量をせず超おおざっぱに作っていたのですが、ハーブ教室に行ってこの割合を知りました。

アルコールと葉の割合10:1

カサのある葉は結構入ります。
今まで作ったいたチンキは薄かったかも。

カサのあるユキノシタはアルコールに浸からない部分ができてしまったので、白いフワフワした生物(いわゆるカビ)が生まれないように、瓶を振る時はコイツだけ割り箸をつかって押し込むようにかき混ぜています。

19:58 ハーブ | コメント(6) | トラックバック(0)

シンプル過ぎるヘアワックス

2010/06/21
私の髪には、だいぶ前にかけたパーマが、ゆるゆるっと残っています。
毛先をねじねじしながらドライヤーをかけると、結構パーマが復活してくれるので、その状態でかれこれ半年以上粘っております。

そんな時の(かなり限定されたな…)ヘアワックスです。

シアバターヘアワックス

【材料】
シアバター
精油

のみ(笑)

ずーっと、買った時の袋から指を突っ込んでホジホジ取り出していたのですが、それじゃぁあまりにもあまりだろう(気分的にも衛生的にも)、ってことで瓶にうつし精油を入れて混ぜました。

精油はローズアブソリュートです。

肌に使うものは残留薬剤の心配がないダマスク(水蒸気蒸留法)を使用しているのですが、今回はアブソリュート(溶剤抽出法)を使用しました。

ローズアブソリュートの香りの方が好きなんですよねー。
ダマスクより甘い香り。

シアバターはザラザラ感が気になることがあり(作り方に気を遣えばいいんだけど)、顔にはあまり使っていません。
(本当は日焼け止めクリームをシアバターで作ろうと思っていた。)

シアバターは思ったよりワックスの働きをしてくれるので、ビーワックスで作るヘアワックスより私はこっちの方が好きです。

20:08 ヘアケア | コメント(0) | トラックバック(0)

日焼け止めクリーム

2010/06/19
そろそろ作らないとね(遅いよ)ということで作りました。→日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームのレシピは乳化ワックスを使うものが多いように感じるのだけど、
乳化ワックス無いし、面倒だし、メルマガにミツロウで作るレシピが載っていたので作ってみました。

にっこり♪アロマテラピーの2010年5月1日号です。 

ビーワックス、ホホバオイル、酸化亜鉛、二酸化チタンの量はレシピのまま、ROEは入れず、精油はラベンダー1滴にしました。

日焼け止めクリーム

オレンジフラワーさんから肌色の二酸化チタンを購入してあったので、それを使いました。
(茶色の瓶だから分かりずらいですね・・・。)

日焼け止めを兼ね、下地に使っています。

ちょっと(市販品から比べたらかなり)ベタベタします。
良く言えば、しっとり。

お昼になっても肌が手に吸いつくほどです

乾燥肌だし、職場は冷房がガンガン入るので、私にはこれくらいがいいのかしら?と思っています。

これを下地として使う場合は、塗った後ティッシュオフした方がファンデがキレイにつきます。
最初、そのままつけていたら、よれてしまいました。

少量つければ良いのでしょうが、よくのびるように加工されている市販品とは違い、少量だとムラづきするし、カバー力がまるでなし。(私が不器用なだけという説もあり)日焼け止め効果も心配です。
チビチビ使っても使い切れずに残るだけなので、まんべんなく塗って、余分な油をティッシュで吸わせるという、手作りコスメならではの太っ腹な使い方をしています。

これを小分けして会社に持って行き、化粧直しにも使っていますが、この時も同じように塗り、ティッシュオフ。
クレンジングしたように余計なものを取り除くので(油分が多いせいでしょうな)、その上からコンシーラ&プレストパウダーで、塗りたての様にキレイに仕上がりました。
もちろん乾燥なんて全くしないので、良いレシピを発見して小躍りしています
お気に入りの一品です


12:02 手作りコスメ[クリーム] | コメント(4) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。